---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)軽自動車の任意保険各社の保険料の違い軽自動車の保険料率

軽の保険料率の区分は2種類だけ

自動車保険の料率クラスとは、自動車の型式(車種)ごとに保険事故の実績に基づいて保険料水準を定める制度で、料率クラスの1が一番安く、9が一番高い料率になります。


小型・普通乗用車では、各モデルのグレードや仕様ごとに料率が設定されていますが、軽自動車は「乗用」か「貨物」の2種類しか分けられていません。


小型・普通乗用車ではスポーツタイプのクルマの任意保険料は割高になりますが、軽自動車の場合はホンダ・ビートもダイハツ・タントも同じ扱いになあります。


4ナンバー車は年齢による保険料率の変化がないため、ユーザーが若い場合は5ナンバー車より任意保険料が安くなる場合もありますが、年齢が進んだ場合は逆に高くなることもあり、単純に4ナンバー車の方がお得とは言い切れません。

つまり、保険料率の区分が2つしかなく、一見4ナンバー車の方が任意保険料ではお得のように見えても、常にそうなるとは限らないということになります。

任意保険の乗り換えは各社比較で


エコな軽自動車、任意保険の乗り換え先のめどは立ちましたか?


契約後にあっちの方が良かったなどと後悔をしたくないものです。

一括見積もりが見直しの心強い見方になります。



一括見積は一度の入力で複数の保険会社の比較を行うことができます。

一覧表も付くのでわかりやすく、マイペースでじっくり比較することができます。


対面セールスのような気遣いや利用後の電話勧誘の心配もありません。


既に何百万人もの利用者のいることが人気と安心の証です。

保険の更新ごとに毎年利用するピーターも増えています。

販売店のおすすめを見直す


軽自動車の任意保険、自由化前はどこを選んでも似たようなものでしたが、今では同じ条件で保険料に2倍を超える差が出る場合もあります。

価格だけでなく、各社はリスク細分、各種割引などでそれぞれの顧客ターゲットに狙いを絞り競争をしています。


このような自由競争の中で「自由に選ぶことができる」これが保険自由化の最も大きいメリットです。
そしてせっかくのこのメリットを享受しないのはとてももったいないことです。

ディーラーの勧めで加入した任意保険をそのまま更新し続けていませんか?
長い間に運転技術・年齢・車の用途に合わなくなっているかも知れせん。

その間に新しい割引の安い自動車保険が出ているかもしれません。


長く経てば経つほど保険料を払い過ぎている可能性があります。
無料一括見積もりは、このような無駄を一掃してくれるでしょう。


一括見積で最安を見つける


自動車保険が一番安い保険会社を見つける方法をご存知ですか?

自動車保険は加入条件が同じでも保険会社ごとに保険料が違います。

・ゴールドなど免許証の色で割引を行う会社とそうでない会社

・年間走行距離で保険料に差を付ける会社と差を付けない会社

・インターネット申込の割引がある会社とない会社

これらは分かりやすいほんの一部の例です。

外にも各社による保険料の違いは多岐にわたっています。

自分の条件で一番安い自動車保険を見つけるには複数社の一括見積もりに限ります。

一括見積もりなら多少保険会社が多くても一度に見積もりを比較することができます。

無料でマイペースの比較・検討ができ、強引な勧誘の心配もありません。


<知っておきたい車関連プチ情報>
これも車を売る時の話。
車検の残り期間が短いと車検を通してから売った方がいいと思いがちですが、
実はそのままで査定・売却した方がお得なのです。
キズなどの修理と同じで車検費用に見合う査定アップは期待できないのです。
なぜかはリンク先のサイトをご覧ください。

Copyright © 自動車保険の相場を一括見積で比較 All Rights Reserved.